新宿ストレスクリニックが行う新しいうつ病治療法

仕事が立て込んでいたり、家事や育児のストレスで気持ちが塞いでしまっている人もいるかと思います。しかし、その状態をいつまでもそのままにしてはいけません。精神的な不調は外見に表現されにくいので、自分でも自覚がないまま重症化するケースがあります。そのため、新宿ストレスクリニックのような正しい診察をしてくれる医療機関が必要なのです。今回はうつ病の知識や新宿ストレスクリニックがどのようなものかを知っていきましょう。

■うつと併発する可能性がある病気
「うつ」は単純に気持ちが塞ぐなどの症状が辛いだけではなく、他の症状を併発させる恐れがあります。そのため、うつ状態には気付かれずに他の症状に目線がいってしまうということも多々あるのです。そうなった場合治療が進まないだけでなく、病状が悪化していくことも考えられます。そうならないためにも、うつ病を併発している可能性が高い症状を調べておくべきなのです。

統合失調症はうつ状態を併発しやすい病気の1つです。これは幻覚や妄想に苛まれるという特徴を持っています。どこかおかしいという認識を持っていながら、病識が本人に乏しいということもポイントの1つです。病気のために認知や行動に歪みが生じているため、うつ状態を正しく治療に向かわせるためには、統合失調症のケアも必要となっています。

■磁気刺激治療とは
うつ病の治療には服薬治療がよく利用されます。しかし、服薬治療には薬の副作用が問題となっているのです。副作用には体に負担をかける効果があるので服薬を中断してしまい、病状が悪化するケースが多発しています。この副作用のストレスからうつ状態が進行してしまうこともあるので、服薬治療に頼らない治療法が望まれているのです。

新宿ストレスクリニックでは副作用の少ない新しいタイプの治療法を採用しています。それは磁気刺激治療といって、脳に磁気を当てて、機能を回復させるものです。こちらはうつ状態が改善させるだけではなく薬による副作用の心配もありません。また、治療時間が1回20分と短いため、継続して治療を行いやすいというのもポイントです。

■新たな治療法でうつに対応する
うつ状態というは他の病気と併発することが多いと言われています。そのため、他の病気に隠れてうつが進行しているということもあり得るのです。他の病気にかかったときには、うつ病も疑うようにしましょう。統合失調症の場合には認知や行動がずれている可能性があるので、正しい治療に導くための努力が必要不可欠になります。

また、服薬治療が勧められてるうつ病ですが、こちらは副作用の心配があります。副作用のことでうつ状態が進んだり、投薬をストップすることもあるのです。そのため、新宿ストレスクリニックでは新しいタイプの治療法である磁気刺激治療を採用しています。この治療法は治療時間が短いというメリットもあるため、通院しやすく完治も早いとされているのです。

YouTube |【新宿ストレスクリニック】磁気刺激治療(TMS)について