そもそも「うつ」とは?

仕事や学校、プライベートではストレスがつきものです。また、それだけではなく現代はSNSなどのインターネットが発達したことによって心が休まる暇が無いとも言われています。常に心を動かされるだけではなく、時には暴力的な言葉や表現によって傷つけられる危険性すらあるのです。そのため、自分の心の平穏を自分で守るためのクリニックを探す必要があります。今回は新宿ストレスクリニックについて調べてみました。

■「うつ」に対する知識
うつ病というのは誰でもかかる可能性がある病気です。しかし、現在では、精神的な不調をまとめて「うつ」という傾向があるので、どのような病状なのかを正しく把握していないという人も多いと言われています。ありふれた病気という認識になりながら、一方では認識の正しさが進まない精神の病気について説明します。

うつとは、大きく分けて「うつ病」と「双極性障害」に分かれます。双極性障害は気持ちが塞ぐだけではなく、それとは反対のハイテンションな状態が訪れるというのが大きな特徴です。いわゆる躁状態の時には活動的なため、その行動が問題を引き起こし、また無気力で憂うつな状態に舞い戻ってしまうというケースもあります。問題行動を引き起こす双極性障害にも注意が必要なのです。

■光トポグラフィー検査
うつ病と診断を受けるには、通常ならば医師の診察が必要です。しかし、医師の診察はどうしても主観的なものになってしまい、評価にばらつきが出てしまうこともあります。そのため、ある医院ではうつだと診断されても、別の医院では別の病名で診断されてしまうこともあり得るため、患者はもちろんのこと、その周囲の人間も戸惑ってしまう可能性があるのです。

そのため、新宿ストレスクリニックでは精神の状態をグラフデータなどで数値化された光トポグラフィーを採用しています。これはきちんと客観化されたものとして表示されるので、本人や、本人に関係する人全てが納得する形で正確な診断を見ることが出来るのです。また、診察する側もこの数値を基準にして治療をするため、的確なアプローチをすることが可能です。

■正確な診断が必要なうつ病
日常会話でも「うつ」という言葉が当たり前に使われるようになった現代ですが、正しい認識がされていないという傾向もあります。「うつ」の状態であっても活動的な人は「双極性障害」である可能性があります。これは憂鬱な状態と活動的な状態を繰り返す状態で、活動的な状態の時に取った行動によって不利益を被るということも考えられるのである意味では危険です。

また、「うつ」の診断はどうしても客観性が失われることもあるので、この状態を見える化したものがあります。それが新宿ストレスクリニックが採用している光トポグラフィー検査です。この検査を使用することによって本人や第三者にも分かりやすく診断結果を伝えることができます。医師もこのデータに従って治療を行います。