口コミで考える新宿ストレスクリニック

うつ病の治療・検査で有名な新宿ストレスクリニックをご存知でしょうか。医師の問診と薬だけで行われるうつ病の治療方法に頼らずに、新しい治療方法が注目されています。この記事では、検査と治療方法についてご紹介していきます。

■クリニックの説明
新宿ストレスクリニックは、本院が東京都新宿区にある新宿アイランドタワーの25階にあります。精神科と心療内科が専門で、心が疲れた時に受診されると良いクリニックです。このクリニックは、うつ病に特化しています。また、うつ病に関連する高ストレスの方や双極性障害の方の受診もおすすめできるのです。

通常、うつ病の診断をするときには医師による問診を受けて、その答えを元に医師がうつ病か否かを判断するという物でした。治療の方もうつ病に聞くとされる薬を服用することが一般的な治療方法でしたが、新しい治療方法も登場しています。

■光トポグラフィー検査
新宿ストレスクリニックでは、うつ病の疑いがある場合は、光トポグラフィーという、うつが客観的に判断できる検査方法を導入しています。頭部の血流を測定して、データを見える化することにより、うつ病診断をするものです。たった15分の検査を受ければ、すぐに結果が分かるので、好意的に感じる患者さんが増えています。

光トポグラフィーの口コミには、診断の正確性に満足するものが多いです。今までは、問診に応えて、うつ病かどうかは医師の主観で判断されることが多かったので、本当にうつ病なのか。この薬は飲み続けても良いのか。などと、診断自体が懐疑的になることも少なくありませんでした。光トポグラフィーで検査をすることにより、うつ病診断の正確性に満足することができるようになったのではないでしょうか。

■TMS治療
この治療は、磁気刺激で治療をするものです。2002年、カナダで初めて承認されてから、徐々に日本でも対応できるクリニックが増えてきている状態です。これに先駆けて、新宿ストレスクリニックは、TMS治療を導入しています。利点はたくさんあります。うつ病の8割は軽傷・副作用は極めて少ない・薬による治療ではない・治療時間と期間が短いなどです。

薬を服用しないので、副作用を気にしなくても良いのが魅力です。他の治療方法には、薬物・カウンセリング、電気けいれん療法が一般的です。薬物治療は、一般的に長く薬を服用することになります。副作用や完治の割合が5割になっているのが気になります。他にも電気けいれん療法という治療方法もあります。7-8割が治るというデータがあるものの、電気ショックによる体への負担が気になるところです。TMS治療の口コミとしては、1.5~6か月と短期間で治療を済ませることができ、1回あた20分で治療できることが挙げられています。

■効率の良いうつ病への対応
このように、新宿ストレスクリニックを利用して、効率が良く正確に診断をすることができる光トポグラフィー検査やTMS治療を受けてみるのがおすすめです。うつ病の症状にお悩みの方は、問診と薬での対応はそろそろ終了して、新しい検査方法と治療方法を試してませんか。口コミでは、喜んでくれる方は多数いらっしゃいますよ。