新宿ストレスクリニックのうつ病検査とは

現代人の多くはストレスを抱えており、このストレスがきっかけで大きな病気に発展することも少なくありません。そのため、メンタルクリニックへ通う方も少なくありませんが、うつ病の検査は非常に難しいもの。そのため、新宿ストレスクリニックでは光トポグラフィーによる検査を行っており、これによって数値で診断出来るようになったのです。こちらでは光トポグラフィー検査について解説いたします。

■光トポグラフィーの仕組みとは
メンタルクリニックへ通う方は多いものですが、そこでうつ病の診断をすることは困難です。そのため、新宿ストレスクリニックでは光トポグラフィー検査を行っていますが、我々に馴染みの無い検査方法であることから不安になってしまいます。しかし、光トポグラフィーとは安全な近赤外光を使用し、頭部の血流を測定しているのです。これによって健常、うつ病、双極性障害、統合失調症の判断が出来ます。

もちろん、これまでもメンタルクリニックではうつ病の診断が行われていましたが、それは医師の問診だけだったのです。しかし、光トポグラフィー検査を行うことでより性格な診断が可能になりました。もちろん、厚生労働省認可の検査方法ですので安心してください。そして、新宿ストレスクリニックでは光トポグラフィーの検査結果だけでなく、医師による問診と統合的に診断を行っています。

■光トポグラフィーの対象者とは
光トポグラフィー検査を行うことでこれまで以上に性格な診断が可能となりましたが、どういった方が対象になっているのでしょうか。新宿ストレスクリニックでは中学生以上でしたら受けることが出来ます。そして、何より光トポグラフィーは客観的にメンタルの状態を知ることが出来るため、セカンドオピニオンとして利用することも可能です。

そして、光トポグラフィーはうつ病の診断だけではありません。統合失調症や双極性障害なども知ることが出来ますので、それらが気になる方にもおすすめです。光トポグラフィーは結果がグラフデータで表示されますので、非常に分かりやすいでしょう。

新宿ストレスクリニックの光トポグラフィー検査は自由診療ですので、6015円となっています。そして、検査結果は当日に受け取ることが出来ますので、急ぎの方も安心でしょう。

■光トポグラフィー検査の流れ
光トポグラフィーに興味を持つ方は多いものですが、その検査の流れはどうなっているのでしょうか。まずは頭部に光トポグラフィーの装置を装着します。この装置から近赤外光が放射され、脳内の血流を測定するというものです。光トポグラフィーの検査中はスタッフが指示をしてくれますので、誰もが緊張せずに検査が受けられるでしょう。

そして、検査中は課題が出されますので、その際に大脳の血流量を測定します。光トポグラフィー検査は3分程度で終了いたしますので忙しい方も安心です。痛みもありません。光トポグラフィーのトータルの検査時間は15分程度です。

新宿ストレスクリニック/本院