新宿ストレスクリニックとは

社会人になれば誰しもが競争社会に巻き込まれます。それは自分が望もうが望むまいが関係ありません。そのため、激しいストレスにどう対処するのかで、今後の人生が決まってしまうのです。では、そのストレスに対して向き合う方法にはどのようなものがあるのでしょうか。そして、そのケアを行うクリニックにはどんなところがあるのでしょうか。

■うつ病について
「うつ」という言葉が一般化してしばらくが経ちますが、まだまだうつ病という病気自体の理解が深まっているとはいえません。そもそもうつ病の定義とは「脳の機能低下に伴い、日常生活をまともに過ごせないほど感情が極端に落ち込んでしまった状態」のことを指しています。生活の中で誰しもが憂鬱な気分になることがありますが、それは時間の経過とともに回復していきます。しかし、うつ病の場合にはその状態が恒久的に続いてしまうのです。

では、具体的にはどのような症状が見られるのでしょうか。まず、体力が極端に低下します。これは疲れが出やすいという事も含まれます。また記憶力が低下するため仕事のパフォーマンスが低下する事も認められています。さらには不眠、または仮眠。食欲不振や食欲推進など、生活リズムが激しく乱れるため体重が低下する傾向にあります。自殺願望が進行するため、周囲の人間は注意が必要です。もしもうつの傾向が見られたら新宿ストレスクリニックを受診しましょう。

■最新鋭の技術を使用している
新宿ストレスクリニックの特徴としては、ストレスケアに対して進んだ考え方を持っているということです。服薬治療を使わないという事もその一環にあたります。服薬治療というのは重い副作用があったり効果が出るのが遅い、または効果が出ないという場合があるため、精神疾患を患っている患者の中にはそれが原因で通院を止めてしまう人もいるほどです。そのため、服薬治療に対して苦言を呈している人も少なくありません。

そんな中新宿ストレスクリニックでは磁気刺激治療を行なっています。これは脳に磁気を当てることによって、ストレスなどの影響で低下してしまった脳のパフォーマンスを向上させるという効果が期待できます。こちらは1回20分ほどと短いため患者に負担をかけませんし、何より服薬治療の副作用から解放されるため、多くの人に愛されています。

■メンタルケアに適切なアプローチをするクリニック
うつ病の定義は、脳の働きが落ちることによって日常生活を送ることが困難に感じるというものです。具体的には食欲不振や増進、さらには仮眠や不眠などのライフサイクルの乱れが挙げられます。そのため、体重の低下も認められるため、体力も低下してしまうのです。さらに、記憶力が低下するため仕事やプライベートに関して自己肯定力が下がってしまいます。そのため、自殺願望も高まってしまう傾向にあるのです。

そのような状態になったら新宿ストレスクリニックのような施設を頼りましょう。こちらは新しい技術である磁気刺激治療を行います。頭に1回20分磁気を当てることによって脳の改善が期待できるため、あまり外出する気分になれないという人でも負担が少なく治療を受けることが出来ます。

うつ予防ナビ|新宿ストレスクリニック精神保健指定医監修